社長挨拶

社長挨拶

当社は小型船舶の修繕事業を行う会社として、1968年に日本郵船株式会社の出資により設立されました。

その後、1971年に小型鋼船造船業の登録を行い、各種曳船および作業船等の建造分野に進出、さらに1972年には公害防止、環境衛生、省エネルギーおよび物流に関連する諸装置の製作および販売を目的とした部門を設け、業容の拡大を行って参りました。また、2003年には旧相模造船鉄工の資産譲渡を経て、当社追浜工場として新造船建造、船舶修繕事業の拡大を図りました。

創業以来、各種小型鋼船の修繕および建造に弛まぬ技術の研鑽と機動性を心掛け事業を展開してきた当社は、さらなる品質向上を目指して、2004年に『ISO9001:2000品質マネジメントシステム』の認証を取得(ただし、2009年より対象組織は新造船部門のみ。)、より一層お客様の信頼にお応えできる体制を整えました。

また近年は、厳しくなりつつある港湾内での船舶からの排気ガス規制に対応する研究開発を進め、株主である日本郵船株式会社および日本海事協会他関係者のご支援、ご協力の下、2013年3月に国内初の『ハイブリッド推進装置』を搭載したタグボート(曳船)を建造・引渡しました。また2015年8月には、同じく国内初となる世界でも稀な『LNG燃料タグボート(曳船)』の建造・引渡しを行いました。更に当社は2018年度から自律化船の研究にも参画し、「環境にやさしい船」造りとともに、「最先端技術の船」に関する研究開発を進めております。これらを将来に亘って継続し、社会に貢献して参りたいと考えております。

今後も品質と安全を第一に最善を尽くす所存でございますので、お客様の益々のご支援、ご鞭撻をお願い申し上げます。

代表取締役社長 庄司 勉


経営理念

  • 顧客の信頼と満足を満たす技術と製品を、誠意をもって提供する。
  • 安全で働き甲斐のある職場を実現する。