S-332番船「颯」の進水式が行われました。

S-332番船「颯」の進水式が行われました。

平成30年12月25日(火)、当社追浜工場にて株式会社ウィングマリタイムサービス様ご発注のS-332番船「颯(はやて)」(タグボート)の進水式が行われました。
神主による安全祈願神事の後、郵船コーディアルサービス㈱代表取締役社長伊澤様の奥様により支綱切断が行われ、盛大にシャンペンとくす玉が割れる中、お客様や現場の職人達に見守られながら、本船はゆっくりと船台より海面に浮かび無事進水が完了しました。
進水の後、本船は岸壁にて艤装工事、試運転等を行い、2月にお客様へ引き渡される予定です。