小谷内 勇

小谷内 勇

1999年入社
修繕部 機関電気課 課長補佐

辞めたいと思ったとき、上司や先輩が私をずっと気にかけてくれた。
だから続けようと思えた。

現在の仕事内容を教えてください。

修繕部で船の推進機等の開放整備、油圧機械関係の整備、社内施設の整備を担当しています。

小谷内 勇
入社の決め手となったポイントや出来事はありますか?

第一希望の会社が不採用になり探していたところ、今の同期に「まだ求人募集をしているから」と誘われて面接を受けました。筆記試験がなく面接試験のみだったこと、週休2日だったのが決め手です。

仕事のおもしろい部分、難しい部分を教えてください。

日常生活で使わない道具を使用するのが楽しいです。難しい部分は、機関整備の組立で百分の一単位まで要するところです。

小谷内 勇
辞めたいと思ったとき、それでも続けようと思った理由を教えてください。

入社して2、3年目に転職しようと休みがちになったことがありました。それでも上司や先輩は「顔だけでも出しにきなよ」と私をずっと気にかけてくれました。だから続けてみようと思えました。

お客様や仲間との忘れられないエピソードはありますか?

プライベートで飲みに行ったら、お客様の機関長にバッタリ遭遇して御馳走していただいたことがあります。また、機関部プロペラの若手社員で長野県まで一泊二日のツーリングに行ったのが楽しい思い出ですね。

仕事に対して、どんなこだわり、心構えや信条を持っていますか?
小谷内 勇

やはり安全が第一です。怪我や事故を起こさないよう心掛けてます。品質やコストや納期も大切ですが、安全に勝るものはありません。不安全行動を限りなくなくすことがこれからの課題です。

これからどんなキャリアを築いていきたいですか?

今現在の業務は自分に合っていると思います。ですから、新しいことに挑戦するというより、今までの経験や知識を後輩たちに伝えながら一緒に作業していきたいと思います。

小谷内 勇
仕事の後、自分へのご褒美などありましたら教えてください。

第一子が生まれたばかりなので、なるべく時間外労働を減らして事故やケガがなく家族のもとに帰りたい。それが自分へのご褒美になると思います。

小谷内 勇