小林 優花

小林 優花

2017年入社
購買部 追浜購買課

「こんなにも大きい船を造るのか…!」
船の大きさに圧倒され、
興味なかった船に興味が沸きました。

現在の仕事内容を教えてください。

現在は購買部 追浜購買課で工場(資材倉庫)レイアウト見直し、所要資材入力、システム処理、新造船所要資材調査表入力を担当しています。

小林 優花
入社の決め手となったポイントや出来事はありますか?

就職活動の会社見学で京浜ドックを訪ねました。工場内見学で入渠していた船を見たとき、「こんなにも大きい船を作っているのか…!」とびっくりしました。 じつはそれまで船に興味はありませんでした。このとき船の大きさに圧倒され「これが人間の手で(技術で)造られているのはすごい」と興味が沸いてきました。

仕事のおもしろい部分、難しい部分を教えてください。
小林 優花

船ができていく過程は見ているだけでおもしろいのですが、それ以上に、自分が携わった船が着々と形になっていくのが本当におもしろいと思います。難しい部分は、工程どおりに作業が進まないことですね。

辞めたいと思ったとき、それでも続けようと思った理由を教えてください。

辞めたいと思ったことはありません。就職したときは知らない知識や技術ばかりでしたが、逆にそれがおもしろいと思いました。仕事をするなかで知らない知識や技術が身に付くと、さらに興味が沸きました。
また、疑問に思うことや分からないことは先輩や上司に聞いて理解を深めています。それが自分の知識と経験になっているという実感が得られることも続けられる理由です。

小林 優花
お客様や仲間との忘れられないエピソードはありますか?

進水式、引き渡し式です。船が初めて海に浮くとき、自分達が携わった船がドックを出て行くときは毎回感動します。

仕事に対して、どんなこだわり、心構えや信条を持っていますか?

指示された仕事をこなすだけでなく、自分から行動できるように、常に「自分は何がやれるだろうか?」と考えて業務を行っています。

これからどんなキャリアを築いていきたいですか?

現場で培った知識・技術を活かしていきたいです。同時に、知識・技術の向上もはかっていきたいと思います。

小林 優花